life with C.
~プチデカ・チワワのchampyと楽しい暮らし~ヨコハマりたーんず編
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
champyと行く太魯閣国立公園
2009年 06月 11日 (木) 14:54 | 編集
IMGP7250.jpg
またまた一か月くらいたってしまいましたが、
先月、ついに!待望の太魯閣へ行ってきました!
今回連れて行ってくださったのは、前回の日月潭旅行とは別の同僚のご夫婦。

そうなんです、なんとなく帰国の予感がぷんぷんだったもので・笑
みなさん気を使っていろいろ誘ってくださったのかもしれませんね・・・

すぐにでもUPしたかったんだけど・・・
写真の整理が難しい!
というより、何百枚とったの?って感じにとってましたが
まともな写真がまるでなく・・・

いやはや・・・自然を撮るのはほんとに難しいっす!
でも少しでも楽しい旅行の雰囲気が残せればと、
うまくご案内できてない内容ではありますが、どうぞおつきあいください!


にほんブログ村 海外生活ブログへ
旅行の前日は、どこのワンコも一緒だとおもいますが・・・
今回もそわそわしちゃっていつもの場所で寝ようとしないchampy
またまた玄関前で夜明かしする作戦ですニコッ♪・・・かわいいわぁ
IMGP7240.jpg
おいてくわけが ないじゃない!
あなたが主役なんだものぉぉ



本日はまず旅行の第一日目をUPです。
太魯閣(タロコ)は台湾八景のひとつです。
(ちなみにウィキると台北101・台北故宮・日月潭・阿里山・玉山・高雄愛河・墾丁・太魯閣と出ます!)。
私、まだ全部みてないからなんとも言えないけれど、
たぶんココが一番すごいんじゃない?という予感が・・・

   ・・・まあ、そんな感動が伝わるかどうかは次回にゆずるとして・・・(´Д`;)

私たちが今回使ったルートはいわゆる海側から(花蓮側)始まるルートではなく
前回ご紹介した、羊・ヤギのいっぱいいた清境農場を経由していく
内陸から海へ抜けるルートです。
一日目は太魯閣国立公園に入り、みなさんよくご存じの
太魯閣峡谷の入り口(終点?)までを目指します。
名称未設定-1
・・うーん、これ(内陸→海)、逆行?になるのかな・・・?
でも今回連れて行ってくださったZさんご夫婦
「コッチカラガイイヨ」ということで彼らのおすすめルートを行くことに。

台北から埔里へ南下しそこから、前回の訪れた清境農場を経由して
冬には雪が降るという合歓山を目指します。
ここからが太魯閣国立公園です。
標高は3000mを超えているので、すでに夏だという台湾ですが
げろ寒い(笑)

でも、景色はもちろんめちゃめちゃスバラスィし
自分が雲の上にいる感覚はすごい!
IMGP7298.jpg
どの山肌も全体的にうっすらピンクっぽくなっているのは
群生している山つつじのため。
神秘的な色で感動なの♪




前回、日月潭を案内してくださったLさんご夫婦、実はかなり年配の方だったので(笑)
日本語以外は基本、台湾語でお話されておりました。
台湾語は中国語とは全く別物でして・・・私たち、もちろんひっとこともわかりませんo(;△;)o

が、今回のZさんご夫婦にはずっと中国語を話していただいたので、
そういう意味でも楽しく刺激的な(苦笑)旅行になりました♪
しかも台湾の方特有の「誰とでも友達になっちゃう」感じのご夫婦だったので
旅行中いっぱい現地の方と交流もできたしー♪♪


あ・・・でもやっぱりちょっとお歳は上の方なんですよ・・・(´Д`;)

んでぇ・・・うちに、没禮貌(失礼きわまりない)なイヌがいっぴきいるんですが・・・
IMGP7321.jpg

おい!オネーチャン相手の時と態度をかえるなっっ怒


犬好きの方だったのでめちゃめちゃかわいがっていただいたというのに・・・
あまりなつかず、本当に失礼いたしました・・・orz
           ったく、なんでこんな犬になっちゃったんだか・・・ぶつぶつ

ところで、こんなに標高も高く、山坂すごいというのに、
山ほど、バイカーがいるのです。
バイクといっても自動二輪のツーリングじゃなく(笑)
マウンテンバイクさとと-自転車ブルーの方・・・しかもすごいいっぱい!!
まじですごい!尊敬!・・・流行ってるのかな?

それから、Zさん、途中でキャベツ買うんです(爆)いくら安くて新鮮だからって
行きに買わなくても・・・なんて思っていたら、どうやらこれは今晩の食材!!

そう・・・太魯閣国立公園内、いわゆる出店(露天)は禁止なの。
つまり飲食をするところが極めて少ない!!

そういえば来るときも大量にお弁当を用意してきてくれて、途中山道にとめて
ハイキングみたいにしたり・・・
まさか夜も自炊になろうとは・・・夢にも思いませんでしたが・・・汗;
名称未設定-2
まだ太魯閣峡谷にはたどりつけていませんが、
途中で恐ろしい(笑)吊橋を発見したのでいってみました!
しかし、ここですでに感動!の私たち!

そう、これですよ!プチタロコ(笑)
両サイド絶壁の山に、その昔、台湾の方は道を作ったわけです。
・・・どうやってって、垂直に切り立つ断崖絶壁をくりぬいて!!えぇ
すげーな、おい!IMGP7420_20090611133801.jpg


明日行くはずの太魯閣(タロコ)峡谷
このもっともっとすごいバージョン(笑)なわけで・・・
期待が膨らんじゃいますねぇ♪


IMGP7457.jpg
本日の目的地、
太魯閣峡谷の入り口(出口・だからどっちでもいいって?爆)・天祥という山あいの集落には
ホテルや、バスターミナル、おみやげやさんがあるよ、
とガイドブックには書いてありますが・・・
ぶっちゃけ・・・しょぼい(きゃー、これ書いていいの?だめなの?問題あるの?)。
Zさん夫婦によれば、高いばかりでおいしいものはないよ(これも問題??)とのこと。



・・・え?じゃあ、そのホテルに泊まんなかったの?って話なんですが・・・
そう、ここにある唯一ある大型ホテルでは犬が禁止だったの・・・orz
というわけでこの近くに点在するドミトリーのひとつに予約をしてくださっていました。
(旅行アレンジはすべておまかせしておりました。)

ま、ドミトリーだからね、あまりつっこまないでちょうだい・・・kao06
そりゃもうミラクルな体験・・・とだけ言っておきましょう・・・無言、汗




アイコン名を入力してくださいさて、きをとりなおして・・・(苦笑)
IMGP7456.jpg
天祥の山腹にある祥徳寺というお寺からの景色は集落がみわたせてなかなかに絶景です。
・・・が、この時点では曇りになってしまっていて残念です。
IMGP7452.jpg
それにしても、あちこちに、ものすごく巨大な落石があるのにはびっくり!
巨大でなくても、普通にパラパラ石がおちてきたりするので怖いし・・・

久し振りに大自然の驚異に触れた気分に・・・えぇ





さて一日目の夜はドミトリーの中庭で羊肉鍋でした!
材料を全部用意してもってきてくださったZさん夫婦に感謝です。
同じ宿泊客の方もお誘いし、いっしょにワイワイ食べる夕食も楽しかったし♪

もちろん、テレビもネットもなーんもないところorz
この日は早々に寝て(爆)翌日に備えます・・・
(すみません、映像ありませんm(..)m)




翌朝はこーーんなお天気
IMGP7460.jpg
彼らが、ここ(この辺)に泊まることにこだわった理由が
後になってわかった気がしました。
ここを起点に一日、たっぷりと太魯閣峡谷を楽しもうという計画だったようです・・・



・・・つづく。(続きますので本日はコメ欄クローズしますね!)





(^O^)/よろしかったらお帰りに応援ポチっを
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

いつもありがとうー♪励みになります
[PR] 台湾留学サポート
旅行 | - | - |
copyright (C) life with C. all rights reserved. designed by polepole...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。